ほっそりしたい願望


 
足首、ふくらはぎ、太ももが太いと
何着ればいいのかわからなくなります。

二の腕、顔なども気になりますが
これからは脚の美しさが際立つ季節。

足痩せたいですよね〜。

腰回りをほっそりさせたいというのも
もちろんあります。

腰回りのスリムさの象徴が「くびれ」。

ウエストがくびれている女性は
それだけで圧倒的なまでに
超絶スタイル良く見えます。

そう感じさせる魔力が
腰のくびれにはあるのですから仕方ない。

多くの女性がくびれを作ろうと必死に
エクササイズや運動に
励んでいるんですよね。

助六寿司って、やっと意味わかりました!


 
よくスーパーで売っている助六寿司は
有名な歌舞伎の演目の助六由縁江戸桜
(すけろくゆかりのえどざくら)にちなんだ
いなり寿司と海苔巻のセットのこと。

この歌舞伎演目は通称「助六」といって
歌舞伎宗家市川團十郎家のお家芸である
歌舞伎十八番の一つだとか。

そしてその中でも特に上演回数が多くて
上演すれば必ず大入りになるという
人気演目だというのに
全然知りませんでした〜。

握り寿司の入っていない寿司セットを
助六っていうんだと思っていて
それはまずまず当たっていましたが
有名な歌舞伎演目が関係しているとはね。

だれかに言ってみたい(*^_^*)






眉毛生やす努力は無駄じゃない


 
最近の傾向として、女性だけでなく
男性も眉毛のお手入れに余念がありません。

ルックス重視の現代では
顔の印象を左右する眉毛のお手入れは
もはや常識なんですね。

それはそうだと思いますよ。
だれだって素敵になりたいし
見た目磨きたいですものね。

見た目が9割という時代です。

男性でも眉毛のお手入れをしているというのに
まゆげボーボー生やしたまま何もしていない
意識の低い女子もいます。

ああいうの、いただけませんね。

他人の目を意識しない人って
少し変わっていて近づきにくい気がします。

最新流行の眉毛にしないまでも
整える程度はだれでもした方がいい
って、わたしは思います。

昔むかし、中学や高校の頃に
思春期まっただ中だったわたしは
薄い眉毛を濃くしたいと思って
いろいろな手を尽くしました。

髪の毛を濃くするというクリームを塗ってみたり
髪に良いと言われる食品を食べたりです。

わかめなどの海藻類が良いと
その当時は思われていましたが
実は間違いだそうですね。

案の定、効果はほとんど感じられずに
わたしの青春時代は終わりました。

まあ、子どもだったので
どの程度本気で眉毛を増やそうとか
きれいに眉毛を生やしたいと思っていたか
今となっては思い出せませんが。

こんな感じだったで
やむを得ない感はいなめないよね。
↑あまちゃんに出てくるGMT5のブラジル人の真似です^^;)

それほど真剣ではなかったとしても
自分的にはがんばったつもりだったので
その後は諦めていました。

心の中では「眉毛生やしたい」とか
「かっこいい眉毛になりたい」とか
思い続けておとなになった次第です。

男性の場合はどうなんでしょうね?
そこまで眉毛のきれいさを
重視していないかもしれません。

まったく眉毛が無いのであれば別ですが
薄くてもある程度まゆげがあれば
美しさにはこだわらないのでしょうね。

わだからといって放置していると
本当はカッコ悪いですけどね。

女性はもっと気にしている人が多いと思います。
今度こそ真剣に眉育に取り組んで
流行のナチュラル太眉にしたいんです。

もともときれいな女優さんも
眉毛次第でもっときれいになったり
逆に残念な顔になったりするわけですから

一般人のわたしたちも努力したほうが
断然いいはずですよね。

眉毛をきれいに生え揃えさせる方法を
調べてみたんですけど

専用のクリームを使ったり
食べる物に気をつけたり
刺激を与え過ぎないケアをすることなどが
大切みたいです。

そりゃそうでしょう、頭髪のヘアケアと
同じくらい気を遣った方が眉毛にはいいと思います。







大人のひきこもりって、どうよ?


 
大人の引きこもりが増えているそうです。

引きこもり年齢が高齢化して
40歳以上が多いとか…。

いろいろ事情はあると思うけど
家族に対する甘えがありますよね。

だって、引きこもっていても
生きていけてるわけですよね。

住むところあって
ごはんも食べられて
電気代とか水道代とか
だれかが全部払ってくれてるわけですよね。

もちろんいろいろ事情はあるにしても
甘やかしている家族にも責任がある気がします。

もっと厳しくしてもいいと思いますが
どうなんでしょうね?

大人の引きこもりって
昼夜逆転の生活していたり
家庭内暴力やってたり
かなり好き放題やってる気がする〜。







いろんな気になること


 
お洗濯、大好きです。
っていうか、大好きでした。(過去形っす ^^;)

全自動洗濯機の脱水が壊れてから
洗濯がストレスになってます。

録画したドラマは溜まりまくって
もう観る気も起きません。

時が過ぎると興味なくなっちゃうんですよね。
消しちゃおうかな。

家計簿に付けていないレシートが
これまた溜まりまくって
財布をパンパンにしています。

やろうやろうと思っていても
なかなかできないことがあるのって
超ストレスです。







パステルカラーの春メイク


 
春になったらメイクも変えたい。
ださって、メイクもファッションの一部ですもの。

季節ごとにメイクも変えないとね。

でも、夏になるとブルーのアイシャドウ女が増えて
気持ち悪いと感じるのはわたしだけ?

春はテレビCMの影響もあるからか
パステルカラーの淡くて透明感のあるメイクが
毎年はやります。

でも、パステルカラーのメイクは
実は難しいと思うんですよね〜

色が淡いからメリハリなくてはっきりしない
ぼやけた仕上がりになりがちなんです。

「コツをつかんで春メイクをばっちりきめたい」
と、ここまで考えてる女子はあんまりいない。

流行に乗れば安心しちゃう人、多数。
カッコ悪いよね〜







70過ぎても働く父と北海道旅行


 
父の好きな言葉は『生涯現役』。

ムリしなくていいのに70過ぎた今でも
自営でガンガン稼いでいます。

働くのが大好きな父だけど
最近血圧が高くなってきて治療中。

「もう引退したら?」って言うのは父に失礼だから
年に数回、旅行に連れて行ってゆっくりさせてあげたい。

北海道に行ってみたいって言ってたっけ。

今年は北海道に連れて行ってあげたい。
わたしも言ったことないから
「るるぶ」とか「歩き方」買って調べなくっちゃ。

おさえておきたいのは、やっぱり札幌。
季節は夏の終わり頃がいいかな。

北海道って夏も涼しいんだろーなーって感じだけど
真夏はけっこう暑いって昔少女マンガで読んだから
夏の終わりか秋の始めがいいんじゃないかな。

ちょっといいホテルに泊まりたいな。
部屋食できるところがいい。

4泊5日だといくらくらいかかるかしら。
3泊4日がいいかな。

北海道旅行のためにちょっとずつ貯金しよう。







酵素ドリンクはおいしいのか?


 
「酵素ドリンクダイエットは即効性がない」
という声を聞いたことがあります。
この点を酵素ドリンクダイエットのデメリットと考えるのは
どうかと思います。

酵素ドリンクは毎日摂取しているうちに体の機能が改善されて
結果的にダイエット効果や健康効果が得られる健康補助食品です。

飲んですぐに体重が激減することは期待してはダメです。
すぐに効果を感じたい方には不向きなダイエット法ですね。

「酵素ドリンクは美味しくないものが多い」
という声も聞いたことがあります。

市販されている酵素ドリンクは独特の風味がありますから
そう感じるのかもしれません。
でも、わたし的にはこの意見もどうかと思います。

「炭酸で割って酵素ジュースにしても苦手」とか
「味がまずくて続けられない」とか言う人は
どの酵素ドリンクを試したのかなって疑問に感じます。

わたしは9種類ほどの酵素ドリンクを試しましたが
まずいと感じたのは1つだけでした。
まあまあが2つで、そのほかは美味しかったです。

とくに優光泉という酵素ドリンクはスタンダード味と梅味があって
両方とも美味しかったのでおすすめです。







ブルーベリーはサプリメントが便利


 
ブルーベリーは栄養に優れているのに低カロリー。
できれば毎日食べたい果物ですね。

でも生のブルーベリーを毎日欠かさずに食べるというのは
なかなか難しくて続けられません。

ブルーベリーはガーデニングでも人気なので
自分で育てて収穫して食べるのもいいかもしれません。
スーパーでは旬の時期しか買えませんから
冷凍のブルーベリーも便利かもしれません。

とは言っても、やはり毎日欠かさず食べることは
忙しい現代人にとって難しいのは確かです。

忙しい人や時間がない人でもサプリメントなら
必要な栄養素を手軽に摂れるので便利ですね。

ドラッグストアやコンビニでも買えますから
買い置きしておいて朝食後や夕食後にポイッと飲めばOKです。

出先でもブルーベリーエキスを摂取したいなら
携帯に簡単なサプリメントがいいでしょう。
かわいいサプリケースに入れて毎日忘れずに飲みましょう。







デトックスのキレーション療法 B


 
デトックスが流行っていても日本でキレーションが普及しない理由は
その効果面です。
キレーションを行なうと、有害物質が排出されると同時に
ビタミンや優良ミネラルも結合し、排出されてしまいます。

そのままではとても療法とはいえません。
それで、点滴や注射の際に、ビタミンやミネラルを配合してから
行ないます。

とはいえ、その分の費用も治療費の中に入っているので、何となく
損した気分になってしまいますね。

キレーションは腎臓に負担のかかるデトックス療法でもあります。
尿として排出するので、腎臓に結構負担がいくのです。
腎臓の弱い人にはおススメできません。

このようにキレーションは、日本ではまだしっかりと確立されていない
デトックス療法です。
しかし状況によっては選択せざるを得ないというのが実情です。

これから先、更にデトックスの重要性が認められることによって
改善されてゆくでしょう。
キレーションの今後に期待です。

もっと知りたいなら→健康ブログランキング


タグ: