デトックスと断食の関係


 
デトックスの方法には、昔から確立されているものがあります。
その最たるものが、断食です。

断食は、古くから身体を清めるため儀式という感覚で行なわれて
きました。
宗教的に行なわれることもあります。

断食には先進的観念からの洗浄もあり、肉体的にも洗浄効果が
あります。
断食することによって、体内の消化器官を休めるのです。

消化器官は、毎日食事を消化し続けていて、疲労しています。
消化器官が過労によって働きが鈍くなると、デトックス効果も
半減します。
ですから、消化器官の休息はデトックスにも有効なのです。

断食によって摂取カロリーがほぼ皆無になることも、デトックス
つながります。
カロリー摂取がなくなりと、身体は体内の蓄積エネルギーを消費して
活動の力とします。
体内の脂肪燃焼の動きが活発になり、その結果、毒素も燃焼されて
いきます。

昔の人は、こういう効果があることを、科学的な根拠のないまま
悟っていたのかもしれません。
断食は身体に良い、という一見迷信とも思えるような思想。
これをしっかり持ち続けていたのです。

人体は、時に理屈を越えます。
昔の人はそれを直感で理解していたのでしょうか。

もっと知りたいなら→健康ブログランキング


タグ:


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。